和食における基本的な食材、昆布。
心を込めてひいた昆布出汁が他の食材の味わいを際立たせるように KOMBが目指すのは、旬の恵みや季節そのものを楽しむための基礎となる存在です。

季節の移ろいを細やかに受け止め、食材との対話から生まれた料理はどれも細胞のひとつひとつに沁みわたるような心地よい美味しさ。
目に見えないものにも和食ならではの季節感やおもてなしの心を盛り込み、 美味しさで分かち合える幸せをさまざまな形でお届けします。
Kombu, the foundational ingredient of Japanese cuisine. At KOMB, we use kombu stock to make other ingredients stand out. Kombu is therefore key to bringing out the flavors of the seasons.
A cuisine born out of a dialogue with ingredients is responsive to changes of season, and possesses flavors that seep across the diner’s cells.
We put the hospitality and seasonality of Japanese cuisine into even what is invisible, to offer the delights of flavor in its many forms.
福岡の和菓子屋に生まれ、ドイツ人の母のもと幼少期から多様な文化に触れるなかで
特に和食や和食器に強い興味を持ち、いつの間にか食べることばかり考えるようになっていました。
食を愛した父からも、美味しさについてずっと問いかけられていた記憶があります。

美味しさとは、その日の気分や天気だったり、香り、温度などさまざまなことが合わさって感じられるもの。
レストラン兼アトリエとして神楽坂に構えた「KOMB」では、旬の食材をお客様の目の前で調理し、 変化していく食材の表情や出来立ての香りをダイレクトに楽しんでいただきたいと思っています。
また遠方の方にも、オンラインショップで販売する商品を通じ、いま自分がいる季節を味わっていただけたら幸いです。
ふと美味しいものを食べたいって思ったときに、さまざまな形でKOMBが寄り添えるような存在を目指します。
Born into a family of confectioners in Fukuoka, I developed a passion for food from a young age as a result of interacting with diverse cultures, eventually gravitating towards Japanese food and tableware in particular.
I have memories of being asked about flavor even by my father, who was passionate about food.
Flavor is a result of a combination of elements and states, such as when moods, temperatures, and fragrances collide.
At KOMB, seasonal ingredients are cooked in front of diners’ eyes so they can enjoy their visual aspects along with their fragrances. KOMB also runs an online shop to make the season’s pickings available to those far away, yet craving to eat something delicious. 

料理人
CHEF
原田アンナベル聖子
慶応義塾大学環境情報学部を卒業後、神楽坂「懐石 小室」に入社。2016年に独立し、季節の食材を用いた企業向けのお弁当や出張料理、少人数制の料理教室を行う。
虎屋赤坂本店のリニューアルに飲食コンサルティングとして関わり、その後、株式会社虎屋に入社。プラントベースに特化した食事メニューの開発、スタッフの育成、オペレーションのディレクションに従事する。
2022年、神楽坂に和食レストラン兼アトリエとして「KOMB」をオープンさせる。
Graduating from Keio University, Harada worked at Kaiseki Komuro in Kagurazaka. She went independent in 2016, cooking for businesses using seasonal ingredients while teaching cooking. She later joined Toraya Akasaka, creating the plant-based menu and conducting staff education.
She opened the restaurant and atelier KOMB in Kagurazaka in March 2022.
原田アンナベル聖子
慶応義塾大学環境情報学部を卒業後、神楽坂「懐石 小室」に入社。2016年に独立し、季節の食材を用いた企業向けのお弁当や出張料理、少人数制の料理教室を行う。
虎屋赤坂本店のリニューアルに飲食コンサルティングとして関わり、その後、株式会社虎屋に入社。プラントベースに特化した食事メニューの開発、スタッフの育成、オペレーションのディレクションに従事する。
2022年、神楽坂に和食レストラン兼アトリエとして「KOMB」をオープンさせる。
Graduating from Keio University, Harada worked at Kaiseki Komuro in Kagurazaka. She went independent in 2016, cooking for businesses using seasonal ingredients while teaching cooking. She later joined Toraya Akasaka, creating the plant-based menu and conducting staff education.
She opened the restaurant and atelier KOMB in Kagurazaka in March 2022.
ご予約
Reserve